筑西市ナビ「ちくナビ!」

筑西市ナビ 「ちくナビ!」

リレーエッセイ

vol.7 所謂ロック

Mobile One 藤木理成  「どんな音楽やってんの?」 初めて会うヒトと話をすると、大概こんな質問をされます。

 僕は、バンドをやっています。
 曲と詞を自分が作り、メンバー三人の予定をなんとか合わせてリハスタで練習、そして月に一回ライブハウスでライブ。これが、今の自分の生きがいのひとつなのです。

 まあ会話の流れとして、この質問はごく自然な展開でしょう。
 しかし、バンドをやって十数年経ちますが、未だにこの問いに対する明快な答えは見つかりません。

 ちなみに、今聞かれたとしたら、こう答えるでしょうか。

僕 「ええと、ロック・・・?」

相手 「・・・ロ、ロックて・・・(苦笑)」

 あからさまに困る相手。いや、「?」も含めて、自分の中では的確な答えなんですけど・・・。

 質問したヒトが求めていた答えは、きっとこんなでしょう。

 「そうっすねぇ、70年代を匂わせる渋めのロックといったところですかね」
とか、
 「レッド・ツェッペリンみたいな感じ?もう僕なんかペイジばりにリフ弾き倒してますわ」
とか、さらには
 「ええ、ハードロックですね!(右手はサムアップしながら)」
とか。

 これまでに何度か、そんな説明を試みたこともあるのです。
 ところが、いざ思いつく年代やバンドを話に出してみると・・・それらは世間的にはだいぶマイナーらしく、ほとんどの方が知らないのです。さんざん妥協して、相手が知っているバンドにようやくたどり着いたとき、そのバンドと自分のバンドとはだいぶ違うことに気付き、愕然とするのです(笑)。
 それなら、ジャンルでなんとか説明できまいかと・・・。ハードロックやメタル、パンクといったような、割と分かりやすいジャンル名で括れれば、音楽に造詣の深くない方でもイメージが沸きやすいのではないかと。
 しかし、自分がやっている楽曲は、そう簡単に説明はつけられないのでした(少なくとも作った自分の中では・・・(笑))。これまでにはないものを作ったつもりなのに、既にあるもので説明しろと言われてもな〜・・・というジレンマがあるのです。

 (コンパで盛り下がることを恐れながら)そこで確実に言えるのは「ロックである」という一点だけなのでした。

 しかし、前述したとおり『ロック』という単語が指す音楽はあまりに広く、何の説明にもなりません。いつかのパンク・ロッカーみたいに「ロック(という言葉)はもう死んだ」とでも言いたいところですが、実際のところの『ロック』は、あまりにも漠然と、音楽シーンに横たわっているといった感じでしょう。
 例えるならば僕にとって「ロックって言ったって、どんなだよ?」と聞かれたときの気持ちは、
いわば『漠然と「鍋が食べたいな・・・」と呟いたとき、不意に「鍋って言ったって、何鍋だよ?」と聞かれたときの気持ち』と同じなんです。
 鍋なら具材の名前でいいでしょうが、ロックじゃそうもいきますまい(苦笑)。

 だから僕は「ええと、ロック・・・?」と答えます。

 それでも「では、ロックとは何ぞや?」と禅問答風に問うならば、
「ええと、それはぼく今探してますのん」と答えるでしょう。

 それでも、と聞くならば・・・

 僕らのバンドのCD買ってください。それが一番早い(笑)。

 というわけで、バンドのオフィシャルHPはこちらです。(結局宣伝かい)

Mobile One 藤木理成(筑西市出身)

 このコーナーは、筑西市に、在住、在勤など、筑西市に関わりのある方を繋ぐ'リレーエッセイ'です。バトンを受け取ってくださったすべての方に感謝致します。バトンを受け取った方は、以下の内容を次の走者の方にお伝えください。

(1)このエッセイは、「ちくナビ!」の企画で「ちくナビ!」に掲載されるということ。
(2)このエッセイは、筑西市に、在住、在勤など、何らかの形で、筑西市に関わりのある方の'リレーエッセイ'であること。
(3)エッセイに書く内容に、何ら制限のないこと。(宣伝なども可)
(4)写真を添えたい場合、添付ファイルで送って頂ければ、掲載可能であること。
(5)原稿料はないこと。
(6)エッセイの原稿の送り先は、飯島(info@chikunavi.info)であるということ。
(7)バトンを受け取りましたら、ご自分の原稿を書き上げることを待たず、次にバトンを受け取ってくださる方を選出し、バトンを渡して頂きたいこと。

リレーエッセイ執筆者(敬省略)

  1. M.W
    しあわせ夫婦
  2. 栗原 崇
    就活とソーセージ
  3. H.G
    万日元服式を迎えて
  4. 匿名
    古文書から見える近世のすがた
  5. 藤木理成
    所謂ロック
  6. 黒坂晃平
    黒髪の正体
  7. 永島正樹
    さざれ石
  8. 佐藤典哉
    人生の一回性(VOL2)
  9. 小峰尚
    人生の一回性について
  10. 大武正夫
    クールビズについての一考察