筑西市ナビ「ちくナビ!」

筑西市ナビ 「ちくナビ!」

ちくナビ!開設人の徒然なるままに

2006.12.31

 ついに大晦日ですね。今、仕事が溜まりにたまってそろそろぶっ倒れそうです。とりあえず、そろそろ寝ます。am 5:48

2006.12.26

 19日のこの「ちくナビ!開設人の徒然なるままに」に対し、「茨城県筑西市を語ろうpart4」の「38」で下記のような書き込みがありました。

引用

夕張市の件や公債比率の報道以来、筑西市の財政状況を心配するあまり、聞きかじりの数字をいじりまわして過大に騒いでしまう人が散見されます。
市民側から財政問題についてあおりすぎると、高負担、低福祉化する市政策に対してわざわざ口実を与えるようなものです。
問題意識をもたれることは大いに結構ですし、独自の分析もいいでしょう。
しかし、もうすこし夕張市の現状や筑西市の状況をよくお調べになったほうがいいと思います。
いたずらに不安感をあおると、正常な議論もできなくなります。自治会連合会がいい例です。まあ、自省も含まれますが。

 確かに負債がどのくらいあるかという事実関係を確認しないうえでどうこう言うのは、あまり良い事ではないと思いますので、あとで確認してみたいと思います。
 ただ、なんとなく庶民に対し上からものを言っているように聞こえるのは私だけでしょうか。知っているなら、どのくらいであるか教えてくれればと思うんですが…。
 さらに、「市民側から財政問題についてあおりすぎると、高負担、低福祉化する市政策に対してわざわざ口実を与えるようなものです。」という言い方は、適切でないですね。この言い方は、福祉を人質に、市民側からの財政削減議論に圧力をかけているのと同じですね。「不要なものを削る」と「何でも削る」では全く意味が違います。
 財政削減議論が高まると議員削減議論も高まることが予想され、都合が悪いということでしょうかね。^^

2006.12.19

 あるブログによると筑西市の負債は800億円にもなるそうです。これは本当なのでしょうか。もし本当だとしたら、筑西市も夕張市の二の舞が現実味を帯びて来ているということでしょうか。そうなると、市議会議員数は、30名なんかで落ち着いてもらっては困りますね。それにしても、負債総額を生産人口(とりあえず人口の半分)で割ってみると150万円にも及ぶようで、驚きの金額です。背筋が寒くなって来ました。
 ところで、先日お役立ちリンク集にリンクを貼った「茨城県筑西市を語ろうpart4」を読んでみるとけっこう呆れます。でも、あのようなところに書き込む議員さんらというのは、書き込む意図があるわけで、誰が本当に腹黒いかは、よーく読みだまされないよう気をつけましょう。

2006.12.14

 10日の日曜日は、明野ミュージカルの取材に行って来ました。事前に無理を言ったところ、快く撮影場所や電源の供給をしてくださり、たいへん感謝です。それにしても、明野ミュージカルの熱の入れ方ってはんぱじゃないですね。正直、これほどのものとは想像していませんでした。いい意味で裏切られました。取材に行って良かったです。
 ところで、月曜日、スピカに行って1階の様子を見てきました。まだ、オープンしている店はありませんでした。なーんだという感じです。やっぱりこの週末にでも、皆揃ってオープンするのでしょうか…。

 追伸:スピカは、15日(金)オープンだとちらしが入って来ました。

2006.12.09

 日曜日の小栗判官まつりの取材は、ビデオが故障することもなくうまくいって良かったです。しかも、小栗判官公役の太川陽介さんが間近に来たとき、後方にいたおっちゃんが「(馬から)おっこんなよ」と声をかけてくれたおかげで、いいタイミングでカメラの方に顔を向けてもらえ棚ボタでした。^^ さらにさらに、レースクィーンが来ていましたが、あんまりかわいいので、たくさん取材しちゃいました。皆様のために。はい。皆様のためにでーす。^^ 違うか。
 そして、明日は明野ミュージカルの取材に行ってくる予定です。今回は、幕が上がってから降りるまでぶっ通しで撮って来る予定です。でも、いつテープ交換したらいいのだろう…。^^

2006.12.03

 昨日、修理に出していたデジタルビデオカメラが戻って来ました。調子は上々です。今日は、トラブルなく小栗判官まつりが撮れそうです。これで、しもだて商工まつりなど、過去に撮ったビデオ編集作業も再開できます。良かった。

前月翌月
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31