筑西市ナビ「ちくナビ!」

筑西市ナビ 「ちくナビ!」

ちくナビ!開設人の徒然なるままに

2020.12.20 観光協会がカレンダーを製作

 筑西市観光協会が 2021年のカレンダーを製作しました。その名も『筑西のいいとこ撮り』。

筑西市観光協会 2021年カレンダー『筑西のいいとこ撮り』
筑西市観光協会 2021年カレンダー『筑西のいいとこ撮り』

 この手のカレンダーを私も作ろうかと思っていたのですが、先を越されてしまいました。^^;

 茨城県観光物産協会も『2021年絶景いばらきカレンダー』を製作していましたね。じゃこっちは、『筑西の絶景』にするか (笑) とか、思いめぐらしておりました。

 とは言え、1年を通して1枚づつ良い写真を選出するのは意外と容易ではありません。

 ある月は2枚も3枚も候補が挙がる一方で、これと言った候補がない月も...。

 ところで、『筑西のいいとこ撮り』では12月の写真に小栗判官まつりが採用され有名人が写っています。大丈夫なんでしょうか?許可をもらったのかな。

 それにしても、販売開始が12月の第2週に入ってからなんて、ずいぶんゆっくりしていますね。この時期の発売では、ふるさと納税の返礼品にも出来ないのではないかと。

 それと、価格も 800円とは安いですね。まあ、最近のカレンダーってとても安いですよね。私も、セリアで卓上カレンダーを買いましたが、驚きの 110円でした。

 私が買ったのは、3ヶ月先まで載ってる物で、めちゃくちゃ重宝しています。

セリアで購入した卓上カレンダー
セリアで購入した卓上カレンダー

2020.12.10 真岡線全線開通100周年記念駅弁

 いよいよ今年も師走、早いですね。時間が経つのが早くて困ってしまいます。

 困ってしまうと言えば、筑西市応援プレミアム商品券の飲食店でのみ使える分がまだ1枚も使えてなくて、まるまる10,000円分が残っててやばいです。

 5,000円で7,000円分が使える商品券を4セット購入したので、プレミア分は8,000円。最低2,000円分は使わないと大損です。

 普段ほとんど外食しないので、どこで使おうか考えている最中ですが、期限がもう少し長かったら良かったのにと思う今日この頃です。

 さて、真岡線の全線が開通してまだ100年なんですね。何回かに分けて、少しづつ伸ばし最後の七井駅~茂木駅間の開通が100年前ということのようです。

 そして、真岡線の全線開通100周年記念として新しい駅弁が発売されるそうです。

 その名も「まるまるもーてつごはん」。

 名前の由来は、沿線2市4町の融和を表す「〇」と沿線の特産品が「丸」ごと使用されていることを組み合わせて「◎」(まるまる)。メインの「牛」(もー) と「真 (もー) 鐵」のダジャレで「もーてつ」なんだとか。

 価格は、1,100円。SL車内では来年の1月9日(土) から発売ですが、事前の予約が必要です。また、既存のふるさとSL弁当とは別の弁当です。

 詳しくは、真岡鐵道ホームページをご覧ください。

真岡線全線開通100周年記念駅弁「まるまるもーてつごはん」
真岡線全線開通100周年記念駅弁「まるまるもーてつごはん」

 真岡線全線開通100周年記念駅弁 (真岡鐵道ホームページ)