筑西市ナビ「ちくナビ!」

筑西市ナビ 「ちくナビ!」

ちくナビ!開設人の徒然なるままに

2017.12.30 下館駅南口のイルミネーション

 25日は、下館駅南口のイルミネーションを撮影して来ました。

 当日は、北海道付近で低気圧が台風並みに発達したため風が強く、イルミネーションが揺れていました。

 そんな訳で、ボツになった写真が続出しましたが、それも折込済みでたくさん撮影しておきましたので、そこそこの写真が撮れたかなと思います。

 すでに、写真は Photo Gallery に掲載済みです。動画は、後程 筑西.TV に掲載予定です。

下館駅南口のイルミネーション [2017年12月25日撮影]
下館駅南口のイルミネーション [2017年12月25日撮影]

2017.12.07 筑西市産いちごのブランド化

 筑西市産とちおとめを「筑西いちご」とブランド化しようだなんて、なんておろかなのでしょうか。そんな名前を付けたら、売れる物も売れなくなります。

 「とちおとめ」という名のいちごと、「筑西いちご」、どちらを選んでくれるか消費者の立場で考えれば分かるでしょう。

 特産品のブランド化は、地域企業の収益向上と地域住民の所得向上、さらに税収アップに寄与する可能性がありますので、ブランド化を計ることは筋の悪いことではありません。

 しかし、ブランドというのは、費用と長い年月をかけなければ、確立しないものです。

 約20年前に品種登録された「とちおとめ」だって、たくさんの人に知れ渡るまでには10年くらいかかっているのではないかと思います。

 参考:とちおとめ (果物ナビ)

 それに、品種は「とちおとめ」のままでありながら、筑西産というだけで「筑西いちご」というブランドって、いったい何なのでしょう。うすっぺらいブランドですね。消費者をバカにするのもいいかげんにした方がいいでしょう。

 そんなことばかりをしていると市の信用を失うだけです。普通に筑西市産「とちおとめ」として売ればいいかと。

 ところで、小島議員の議員日誌660に、「とちおとめは栃木県産より筑西産のほうがおいしく…」と書かれていました。

 栃木県産より筑西産の方がおいしいというのは、どこかの世間話でしょうか。根拠があるのでしょうかね。

 何の根拠もなく書いていたなら、議員として自覚が乏しく議員の資質が問われますね。

議員日誌660 ブランド化推進協議 H29 11.13

以上省略

栃木県ブランドの「とちおとめ」は栃木県産より筑西産のほうがおいしく市場評価が高い、

以下省略

小島市議の 議員日誌660 ブランド化推進協議 H29 11.13 より引用

前月翌月
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31