筑西市ナビ「ちくナビ!」

筑西市ナビ 「ちくナビ!」

ちくナビ!開設人の徒然なるままに

2013.06.23 「公的病院」支援制度

 私は見逃してしまったのですが、6月13日放送のNHK首都圏ネットワークで「公的病院」支援制度について放送がありました。

 でもこの制度、あまり活用されていないようですね。

 筑西市がこの制度を活用されているかなど知る由もありませんが、もし筑西市で活用されていなければ、ぜひ活用した方がいいのではないかと思います。

 「公的病院」支援制度活用進まず (NHK 首都圏ネットワーク)

 ところで、計画している新中核病院が仮に桜川市が主張する協和中央病院を含めた統合になった場合、この制度は利用できるのでしょうか。

 民間病院を含めた統合でも、一応公的病院であることに変わりはないので大丈夫なのでしょうかね。

2013.06.21 まちBBS

 まちBBSって、一応管理されているのですね。

 先日、茨城県筑西市を語ろうpart24 の多くの書き込みが「うっちゃる」と書き換えられ、削除されていました。

 確かにたくさんある書き込みの中には酷いものもありますが、削除し過ぎはつまらなくなりますね。

 この参院選からインターネット選挙運動が解禁されますが、改正された公職選挙法やプロバイダ責任制限法の特例などが、もしかしたら少し関係しているのでしょうか。

 ところで、先日閉会した筑西市議会定例会には、本庁舎を耐震補強する補正予算案は出されていなかったそうです。

 また、本庁舎をスピカに移転するためのスピカ改修についても議案にあがっていなかったそうです。

 何か、ゆっくりしていますね。

 定例会までに、予算案が間に合わなかったということでしょうか?それとも、意見を聞いてからというか、回りの反応を見てからということでしょうか?

2013.06.19 新設とか取り壊しとか

 筑西市内でロケが行われたとフレコミのテレビ東京の「めしばな刑事タチバナ」という深夜ドラマを先週初めて見たのですが、驚いたことに、筑西市内の風景が何一つ写っていませんでした。

 警察の取り調べ室とされるところが関城支所内で撮影されたと聞きますが、これで、筑西市にとって何の得になったのでしょうか。番組最後のエンドロールが悲しく感じました。

 ところで、昨日まで市議会定例会でしたが、本庁舎の件はどうなったのでしょうか。

 さて、写真は日本ハムの様子です。本格的に工事が始まったようですね。と言っても、まだ基礎工事の前の準備段階といったところでしょうか。写真では、それほどには感じませんが、ものすごく大きなクレーンでした。遠くから良く見えます。

日本ハムの新工場建設工事 [2013年6月18日撮影]
日本ハムの新工場建設工事 [2013年6月18日撮影]

 一方、こちらは国道50号沿い田町の以前常陽銀行だった建物ですが、取り壊されていました。一時期、市役所の庁舎としても使われていましたが、跡地は何になるのでしょうね。

国道50号沿い田町の以前常陽銀行だった建物 [2013年6月18日撮影]
国道50号沿い田町の以前常陽銀行だった建物 [2013年6月18日撮影]

2013.06.14 本庁舎の耐震診断結果

 何故議員さんというのは、ウソをつくのでしょうか。

 大規模地震で倒壊の恐れがあると言われている筑西市役所本庁舎について、小島議員は5月9日付けのブログで震度5強で倒壊の恐れがあると書いています。

 さらに、大嶋議員に至っては「おおしま茂の議会報告 No.3 2013年4月」で震度5弱程度で倒壊の恐れがあると書いています。

 ですが、これはいずれも結果を悪く誇張した嘘です。

 2006年に筑西市が実施した市民まちづくり会議の席上で、以前構造設計をしていた一技術者として、市役所本庁舎と市民病院の危険性を指摘し、耐震診断をするよう促したのですが、だからといって、震度5レベルで倒壊の恐れがあるとは思っていません。

 で、震度6強ぐらいで倒壊の恐れがある程度ではないかと思っていたことや、震災4日前の茨城新聞でも震度5レベルでの倒壊の可能性など報道していなかったはずであることから、本庁舎の耐震診断結果について、一昨日市役所に詳しく問い合わせをし確認して見ました。

 そして、耐震診断の結果は以下のようなものでした。

 Is指標が 0.3を下回るところがあり、(財)茨城県建築センター 耐震診断・補強計画判定会議 の見解では、震度5強で大破の恐れ、震度6弱で大破や倒壊の恐れがあるというものでした。

 但し、耐震診断に際し用途係数は 1.5 を採用していました。

 耐震診断の結果は、Is指標というもので示され、値が0.6以上であれば安全という評価になります。一方、0.6を満足しない場合は、何らかの危険があるということになりますが、Is指標の数値によって震度○で大破だとか、倒壊の恐れになるとい明確な基準はありません。

 従って、個別の建物毎に評価をすることになりますが、専門知識のない議員さんたちが勝手に専門家が下した評価を変えるのは不適切ですね。

 尚、用途係数とは、大地震が発生した場合であっても本来の機能を維持しなければならない施設に対し、施設の用途に応じて耐震性能を割増すための係数です。

 横浜市ホームページに分かりやすい資料があります。用途係数は、国の法律ではなく各自治体が条例などで規定しているものなので、筑西市が規定しているものと全く同じとは限りませんが基本的な考え方は同じはずです。

 公共建築物構造設計の用途係数基準(PDF) (横浜市ホームページ)

 用途係数で割増して耐震性能を高めることは大切ですが、だからといって実際に地震が起こったとき、公共施設であるために割増されて建物が揺れるわけではありませんね。

 本庁舎のスピカへの移転が終わる前に大規模地震で本庁舎が使用できなくなった場合、スピカやプレハブで代替すれば良いと考えるならば、用途係数 1.5 を採用しなければならないという意味は薄れます。

 そういう意味では、急いで本庁舎をスピカへ移転するなら、いまさら本庁舎を耐震補強するのは不経済ではないかと思います。

 ところで昨年、吉澤市長の下実施されたアンケートの問11に公共施設についてどのような施策を優先すべきかという質問があり、次の選択肢がありましたが、まったくバカげた質問でした。

 1.本庁舎の整備(現本庁舎の耐震改修あるいはスピカビルへの移転)
 2.支所等の耐震改修
 4.教育施設(小・中学校)の耐震改修

 公共施設の耐震補強という観点からは、市民にアンケートを取るまでもなく、用途係数の一覧を見て、1.5 に該当する施設を優先するに決まっているはずですね。

 用途係数は別名重要度係数とも呼ばれるくらいなんですから。

2013.06.08 街の色々

 今晩、下館駅北口庄屋隣のスポーツダイニングバー コルドンブルーさんで、ラジオつくばの公開収録があるそうです。取手出身の永野間美咲さんという歌手の方のブログで紹介されています。

 Lovely Music (永野間美咲 Offical Blog )

 You Tube で聴いてみましたが、いい声していますね。

 茨城出身シンガー 永野間美咲 デビューアルバム「Rose Castle」 SPOT

 写真は、ゴールデンウィークも終わって久しい先月31日の市内田園風景です。田植えも終わり、一面青々としていました。

田植えが終わった市内田園風景 [2013年5月31日撮影]
田植えが終わった市内田園風景 [2013年5月31日撮影]

 一方こちらは、5日の下館駅南の麦畑です。一面金ピカで、もうじき収穫といったところでしょうか。収穫間近と聞くと、スイカの盗難を連想してしまいますが、さすがに麦は盗まれないんでしょうね。

収穫間近の下館駅南の麦畑 [2013年6月5日撮影]
収穫間近の下館駅南の麦畑 [2013年6月5日撮影]

 ところで、5月31日に下館駅南を通ったら、いつのまにか明光義塾さんがONE-Jさんの隣に移転していました。

ONE-J隣に移転した明光義塾 [2013年5月31日撮影]
ONE-J隣に移転した明光義塾 [2013年5月31日撮影]

 それにしても、市内にずいぶん学習塾が増えましたね。少子化だというのに…。

2013.06.05 ロケ支援とか

 現在テレビ東京で放送している「めしばな刑事タチバナ」がクランクアップしました。

 「めしばな刑事タチバナ」は市内の関城支所などで撮影が行われていました。ですが、クランクアップ前に話題にしていいものか分からないため、触れずにいたのですが、撮影が終了したということで、気にせず書けます。

 で、撮影場所は、関城支所ばかりだったのでしょうかね。いずれにしても、観光地でも何でもない筑西市では、ドラマで紹介してもらって得となるものがあまりなく、ロケ支援をして何のメリットがあったのか疑問です。

 ロケ支援をすると、訪れた大勢のスタッフの飲食等で消費拡大が見込める等のフレコミがあったと思いますが、それさえも通常お店でだしている金額には遠く及ばない赤字覚悟でケイタリングなどをやってしまって、どこで取り返したのでしょうか。

 出演者から感謝はしてもらえているようですが…。

 めしばなのめしばなファイナル! (小沢仁志オフィシャルブログ)

 トータルでプラスにならなければ、街の活性化策としては失敗なんでよね。

 何もしていない方がけっしてジャマするべきではないと思いますが、一方で、ちっくタッグは官民あげてのもので税金も使われているのですから、良く考えた方がいいんじゃないかと思います。

 ロケ支援の関係者がおいしい思いをしてもかまわないと思いますが、市内の誰も儲かることもなく、誰も得になっていないなら、市民はバカバカしいと思うんじゃないかと思います。

 ところで、出演者の名前としてちくロケ!に元AKB48の川西智美さんと名前がありますが、正しくは河西智美さんですね。